オリジナリティに溢れた家具を作ろう!オーダー家具に関する基礎知識

オーダー家具と既製品

住空間を演出するためには、インテリアは欠かせない存在ですが、「オーダー家具」と「既製品」のどちらを選ぶかを迷っている方も中にはいるはずです。家具の購入に悩んでいるなら、まずはそれぞれのメリットを知っておきましょう。

オーダー家具と既製品を比較!

オーダー家具のメリット

・デザインや仕様にこだわれる
・カラーも自由に決められる
・耐久性が高く長持ちしやすい
・細かい寸法を測って設計できる

既製品のメリット

・安い値段で手に入れられる
・購入すればすぐに使える
・基本的に保証が付いている
・種類が豊富にあり選びやすい

オリジナリティに溢れた家具を作ろう!オーダー家具に関する基礎知識

家具

素敵な住空間を作る家具

最近では、住空間を演出するために、オーダー家具を依頼するご家庭も多いです。オーダー家具は1からデザインを考え、世界に一つだけの家具を作ることが可能です。このオーダー家具は、現在インテリア業界でも注目されており、新築住宅や高級マンションの家具として好評です。

家具

ショップ選びに注意する

オーダー家具に対応してくれるショップは今や沢山あります。しかし、ショップによって家具の仕上がりは当然のこと、値段や保証も異なります。そのため、オーダー家具を依頼するときには、ショップ選びに注意しましょう。納得できるオーダー家具を作るためにも、まずは複数のショップから見積りをとっておくことをオススメします。

オーダー家具に使われる素材の種類

玩具の家具

無垢材

厳選された自然の木1本を製材にした無垢材は、各素材の中で最も木そのものの色合いや雰囲気を最大限に活かすことが可能です。無垢材は調湿作用と耐久性にも優れており、オーダー家具の素材としては随一の人気です。

突板

突板は木目が綺麗な天然木をスライスした単板のことで、ベニヤ板や中質繊維板などに貼って使用します。無垢材と比べ、組み合わせ時の調整が簡単で重量が軽いということが特徴的です。また、価格も非常にリーズナブルです。

集成材

集成材は文字通り、バラバラの木を集めてできている素材で、一般的に床や壁、階段などの建築用の構造材として使われています。表面や木の接着面が目立つため、メイン素材には使用されることはありませんが、オーダー家具ではその特徴を活かした使い方がなされます。

化粧合板

ポリエステル、メラニンの各樹脂、塩化ビニールを貼った化粧合板は、安価な価格でオーダー家具を作ることができるため、低予算で家具が欲しいという方にはオススメです。また、化粧合板は色彩の自由度が高く、工夫によってはよりオリジナルティを追及できます。

その他

その他の素材としては、ステンレス、ガラス、石といったものが挙げられます。いずれも木と組み合わせることで、それぞれの持ち味を活かし、独特なオーダー家具が作れます。基本的にオーダー家具で組み合わせられない素材はないので、気になる方はショップに直接聞いておきましょう。

広告募集中