不動産選びのマニュアル!良い会社と悪い会社の特徴

不動産会社を見極める

ひばりヶ丘や江戸川区で建物を購入するにしても、売却するにしても不動産会社の力は必要不可欠なものです。そのため、不動産の選び方は非常に重要なポイントです。ご自身が納得できる取引を行うためにも、まずは避けるべき不動産会社の特徴を知っておきましょう。

避けたい不動産会社の特徴3選

人形と家
no.1

誇張宣伝している不動産会社

物件数NO.1と謳っている不動産会社も多いですが、実際のところ、どの不動産会社も流通ネットワークから物件を紹介しているため、物件数はさほど変わりません。特に、安い物件を多数取り扱っているという不動産会社は、明らかに誇張宣伝しているので避けるべきでしょう。

no.2

電話対応が雑な不動産会社

不動産会社を選ぶときには、第一印象で決めることがほとんどです。電話対応が雑な不動産会社の場合、顧客のことも考えておらず、今後の付き合いに不安を感じることになります。電話対応の時点で任せられないと思えば、その不動産会社はやめておいた方がいいでしょう。

no.3

駅前に構えている不動産会社

駅前に構えている不動産会社は家賃も高く、基本的にノルマが設定されています。そのため、広告料がのった物件ばかりを紹介する傾向にあります。このことから、駅前に構えている不動産会社は避けた方が無難かもしれません。

不動産選びのマニュアル!良い会社と悪い会社の特徴

玩具の模型

取引実績は豊富か

不動産会社を選ぶ際には、その会社がどれほどの歴史をもち、どれだけの取引を成立させているか?ということも大切です。そういった取引実績はホームページなどから確認できるので、事前に確認しておくようにしましょう。必要であれば、口コミを参考にするというのもいいです。

カップル

内覧や物件見学も重要

内覧や物件見学を積極的に促してくれる不動産会社は、ご自身のことをよく考えてくれる優良な会社である可能性が高いです。たとえ、内覧や物件見学に行く必要がないとしても、担当者の方が建物の案内をしてくれるかはチェックしておきましょう。

積み木

値段交渉は可能か

不動産というのは多くの方にとって高額な商品といえ、誰もが値下げ交渉をしたいと思うはずです。もちろん、値段交渉をしてくれないからといって、悪い不動産会社というわけではありせんが、最終的には値段交渉に応じてくれる不動産会社を選びたいところです。

住宅模型

仲介手数料の有無は?

不動産会社には仲介手数料を支払う会社と支払わなくていい会社がありますが、できれば仲介手数料が必要な不動産会社を選びましょう。仲介手数料はいわば、「保険」です。仲介手数料を支払っておけば、建物の不備や不満点があった際にも、必ず不動産会社が対応してくれます。

まとめ

今や不動産会社は全国各地に沢山存在しています。その中でも、出来るだけ多くの不動産会社を巡り、信頼できる不動産会社を見つけましょう。

広告募集中